麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【公式ルール】三人打ち

calendar

reload

【公式ルール】三人打ち

基本ルール

赤牌は5ピン・5ソウ、2枚ずつ

40000点持ちの40000点返し・順位点30の沈みウマ
一発・裏ドラ・カンドラ・カン裏あり
なしなしの完全先付け
符計算なし・全て30符
ドラ表示牌は開門から5枚目の牌で、ドラ表示牌の手前までツモります
カンドラは先めくり
暗カン・明カンは1翻アップ、ただし3翻以下まで
カンドラをめくれない時のカンはできません
フリテンリーチなし・フリテンツモあり
テンパイ連荘(1本場につき1000点)
ダブロンなし・途中流局なし
オーラスでのあがりやめなし・テンパイ終了なし
半荘終了時の保留リーチ料は供託です
流局時にちょうど0点でトビ終了です
トビにより終了した場合▲10のウマがつき、飛ばした相手に+10のウマがつきます
ノーテン罰符の支払いにより0点になった場合、支払う点棒がなくなった時点でトビとなります

場決め親決めについて

場決めは『東』『南』『西』の掴み取りです。
親決めはサイコロ2度振りです。
サイコロは赤だけ使用し、配牌時も空席を飛ばして数えてください。

役について

ツモ平和なし
クイタンのみで和了することはできません
七対子の4枚使いなし
国士無双の暗カンあがりはできません
緑一色は発を含まなくても認められます
三風・三連刻は2翻扱いです
小車輪(混一七対子)は6翻
大車輪(清一七対子)・四連刻は役満扱いです
役満の包(パオ)はなし・数え役満あり(14翻~)
人和は満貫扱いです
門前の王手飛車あり・ダブルバックなし
流しは役満(※あがりとみなします。親の場合は連荘してください)

北の扱いについて

北は抜きドラ扱いで、字一色・萬子の混一色・北を使用する役満以外に手の内で使用することはできません
北は空気扱いのため、リーチ後に北をツモっても一発は消えません
北を抜くと嶺上牌から牌を補充しますが、その牌で和了しても嶺上開花にはなりません
北をポンすることはできません
北を河に捨てることはできません

あがり放棄

誤ロン(発声のみ)
多牌・少牌
※空ポン・空カンは場に1000点の供託

チョンボ

錯ポン・錯カン
誤ロン後、倒牌した時
フリテンリーチ・ノーテンリーチをかけて流局した時
その他、ゲームを続行することが不可能になってしまった時

*チョンボはノーゲーム扱いとし積み棒は増えずリーチ棒は返還される
チョンボの減点は、半荘終了時に▲20となる

リーチ時の発声間違いについて

発声のみ
→場に1000点の供託で、あがりなおしができます。

リーチ宣言牌を打牌し、次の人がまだ打牌していない場合
→リーチの取り消しはできますが、あがり放棄となります。

リーチ宣言牌を打牌し、次の人の打牌が完了している場合
→流局後チョンボとなります。

点数表

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

所作のルール

これから競技麻雀を楽しんでいただく上で、以下のことはとても大切です。
これらのルールを守って頂きますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 対局開始前には「よろしくお願いします」
    対局終了後には「ありがとうございました」の挨拶をお願いいたします。
  • 牌山は右斜めにして、対面が取りやすいようにしてください。
  • 嶺上牌は転がりやすいので、一つ降ろしてください。
  • 牌を落とすボタン・サイコロボタンは次の親の人が押して下さい。
  • 捨て牌はキレイに一列6枚で並べ、7枚目・13枚目は下の列に並べて下さい。
  • フーロやあがり時の各種発声は、はっきりとお願いします。
    明らかな無発声の場合は、フーロ・アガリを無効といたします。
  • ツモあがりの点数は子の方から申告してください。
    積み棒がある場合は、わかりやすく申告してください。
    (例)500・1000は、600・1100
  • 流局時の手牌公開は、理牌して東家→南家→西家→北家と行ってください。
  • 時間は平等です。時間制限がありますので度重なる長考はお控えください。
  • 度重なるコシ行為はしないように気をつけてください。
  • 積み棒は次の親の人が右隅に出してください。機械の表示は使いません。
  • 他者のあがりに対する批判は絶対に行わないでください。
  • 対局中の会話は、気になる方もいらっしゃいますので、控えめにして下さい。
  • 対局中は食事・携帯電話の操作はしないでください。
  • 立てヒジ・立てヒザはしないでください。
  • 口笛・鼻歌・放歌・牌をカチカチ鳴らすなど、
    無駄な音を立てる行為はしないでください。

要注意

  • 先ヅモ
    (次の牌に触った場合はポン・チー・カン・ロン等の発声はできません)
  • 対局中の摸打は片手で行ってください
    (その他の動作は両手でも構いません)
  • 打牌の強打
  • 三味線行為
  • 引きヅモ(あがり牌は手牌に入れず、手牌の横に置いてください)
    ※あがり牌を手牌の中に入れた場合、最低点でのあがり形となります。

これらのルールに関して指導があった際、改善等が見られない場合は参加をお断りする場合がございます。

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2019年度】Winner’s Cup
【2018年度】Winner’s Cup
【2017年度】Winner’s Cup
more...