麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【公式ルール】四人打ち(スタンダード)

calendar

reload

【公式ルール】四人打ち(スタンダード)

30000点持ちの30000点返し・順位点10-30
一発・裏ドラ・カンドラ・カン裏あり
クイタンあり・後付けあり
食い替えはできない
子の7700、親の11600は切り上げ満貫
場決め・親決めはサイコロ2度振り
場決めは関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】を使用して行うこと
王牌は常に14枚残し
カンドラは先めくり
フリテンリーチあり・フリテンツモあり
テンパイ連荘(1本場につき300点)
ダブロン・トリプルロンなし。
トビなし。0点以下になる場合は卓内のトップ者より10000点単位で借りること

リーチ後に牌組みの変化しない暗カンは自由
ただし、待ちの牌姿が変わる場合は暗カンできない

例)関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】の暗カンは待ちの牌姿間関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】がなくなるのでできない

連風牌の雀頭は2符
途中流局は一切なし
オーラスでの親のあがりやめなし・テンパイ終了なし
半荘終了時の保留リーチ料は供託となる
同点の場合は順位点を均分する

役について

国士無双の暗カンあがりはできない
緑一色は発を含まなくても認められる
役満の包(パオ)は大三元・大四喜・四槓子を確定させた場合とし、ツモあがりはパオを確定させた者の責任払い、ロンあがりは放銃者と支払いを均分する
役満の重複なし・数え役満なし
大明槓による責任払いあり
人和は満貫扱い
流し満貫なし
ツモ番のないリーチはできない

あがり放棄

誤ロン・誤ツモ(それぞれ発声のみ)
多牌・少牌
※空ポン・空チー・空カン・空リーチは場に1000点の供託
※リーチの誤発声は場に1000点の供託。
誤リーチ後、次の人が打牌する前に気付いた場合はあがり放棄。打牌後は流局後チョンボ。

チョンボ

チョンボはノーゲーム扱いとし、積み棒は増えず、リーチ棒は返還されます。
チョンボの減点は、半荘終了後に卓内の成績を集計してから、▲20を付与します。

錯ポン・錯チー・錯カン
誤ロン・誤ツモ後、倒牌した時
ノーテンリーチをかけて流局した時
その他、ゲームを続行することが不可能になってしまった時

※チョンボとアガリが同時に発生した場合、アガリ優先となります。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2017年度】Winner’s Cup
【2016年度】Winner’s Cup
【2015年度】Winner’s Cup
more...

folder プレミアムバトル

【2017年度】プレミアムバトル
more...