麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【2018年度】プロアマ春合戦【第2節】

calendar

reload

【2018年度】プロアマ春合戦【第2節】

成績

大会模様

レポート

2018年4月より開催されたプロアマ春合戦ですが今回で2節目となります。

現在の総合成績はトップが+220.8で斎藤陽介プロ、2位が+190.3でとらっきさん、3位が+138.4で私、白石卓嗣プロがつけています。今節レポートを担当する為、私は抜け番となりポイントは増やすことは出来ませんが、減らすデメリットもないので、大きく勝ち上がってくるせんが出てくるか、はらはらしたい気持ちで見守りたいと思います。

1回戦を終わって、今節から参加の坂井準司プロが+58.6と暫定本日トップ。続いて倉本信平さんが+52.6で2位、榧野幸一さんが+50.5で3位につけました。
観戦レポートは2回戦からになりますが、注目は吉田雄二さん・越中史雄さん・植田茂美さん・まもさんの対局です。

総合成績も吉田さん+73.0・越中さん+49.9・植田さん+17.8・まもさん+38.1と全員浮いていますので、ここはライバルを蹴落として大きく勝ち上がりたいところです。

東場1局0本場 ドラ九 樌ドラ2

親の吉田さんが
関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

でタンピン三色のイーシャンテンとしましたが、中をポン・⑨を暗樌・③④⑤と激しく副露していた植田さんが越中さんから出あがり1翻60符で2,000点。

南場4局0本場 ドラ7
東家・まもさん+5,600 南家・吉田さん+13,700 西家・越中さん△16,200 北家・植田さん△3,100 の座り順

オーラストップ目の吉田さんに軽い手が入ります。
ポンしてもいい中を二枚落として、吉田さんはこのテンパイでヤミ聴

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

ここで、まもさんが東をポンをして追いつくも、吉田さんが二万をツモりきり、1,300・2,600のあがり、吉田さんが当日及び総合共に大きく伸ばしてきました!

3回戦、東場1局0本場 ドラ2
まもさん、中川豊久さん、原田雅彦さん尾形憲治さんの対局。

親のまもさんの手牌
関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
途中23とドラ含みの塔子を被っていましたが、③をツモで自摸・断么・平和で穏やかに1,300オールを決めます!

南場4局0本場 ドラ③
東家・尾形△4,100 南家・まも+8,900 西家・中川△4,300 北家・原田△500 の座り順。

オーラストップのまもさんがよい形のイーシャンテン
関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ラス目の中川さんが必死に仕掛け、以下の形に
関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
なんと三色の片アガリ聴牌!ノー聴罰符だけでも順位が入れ替わるので、尾形さんノー聴で流局するかと思っていたら、その尾形さんが打三でリーチ、リーチ棒が出た分流局でも3位浮上、原田さんの一人ノー聴で、2位に浮上するのでなんとか持ちこたえたいところに、中川さんが回ってきて、ナント2ソウ自摸!

勝負は最後まで粘ることは大事ですね。このアガリで中川さんは見事ラスから2位に浮上!

当日の成績はあまり奮わないまもさんでしたがラスからの2着・トップでポイントを更にのばして、総合成績では8位までつけました。最終日までこの位置をキープできれば、決勝卓が伺える2卓目からスタートとなり総合優勝も狙えるので頑張って欲しいところです。

最終4回戦の注目は、
丹羽和徳さん、野間さん、中川豊久さん、斎藤陽介プロの座り順。
当日優勝に関しては全員難しい状況ですが、総合成績ではトップの斎藤プロがいるので、ここは斎藤プロ対残り3名の戦いになりそうです。

東場1局0本場 ドラ五

序盤中川さんが客風牌の南をポンして索子の混一模様。
斎藤プロがチャンタ三色が見える配牌、丹羽さんはドラ含みのタンピン形でしたが、8巡目野間さんから打北でリーチが掛かかり、すぐに二万を引かされた丹羽さんがツモ切り。
これが一発で野間さんに突き差さり、リーチ・一発・断么・平和で8,000点の放銃。ここは現物が無かったので、仕方がないところでした。

南場4局0本場 ドラ③
東家・斎藤+1,900 南家・丹羽△10,700 西家・野間+13,300 北家・中川△4,500

親の斎藤プロがトップを狙う為には兎に角連荘していきたいところです。丹羽さんは5,200のツモ上がり以上、トップ目の野間さんは軽く上がって終了したく、中川さんも5,200のツモ上がり以上の条件戦となりました。

中川さん打六でリーチに出るも、八を掴んで齊藤プロに放銃。

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ポン関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ロン関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

南場4局1本場 ドラ白
ここで丹羽さんにラス回避の目が出来てきて、前局放銃の中川さんはハネツモ条件になってしまいました。
最終的に、斎藤プロは聴牌が難しく、野間さん・丹羽さんの二人聴牌で終了でしたが、斉藤プロの現在の成績ならば2着キープで充分。

総合成績では、斎藤プロが二位以下を大きく引き離して安定の首位キープ。野間さん・丹羽さんともポイントを伸ばしていて、次節ではなんとか総合8位以内に入れるように頑張って欲しいものです。

今節から参加の中川さんでしたが、スタートで少し躓く感じになってしまいましたが、残り半荘8回あるのでまだまだポイントを伸ばすことは可能です。
参加者のみなさまは頑張って下さい。私も次節から優勝目指してがんばります!

2018年7月8日
執筆者:白石卓嗣プロ

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2017年度】Winner’s Cup
【2016年度】Winner’s Cup
【2015年度】Winner’s Cup
more...