麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【2018年度】プロアマ春合戦【第3節】

calendar

reload

【2018年度】プロアマ春合戦【第3節】

成績

大会模様

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】  関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

レポート

夏の訪れを感じさせるような晴れ渡る青空の下ブッキング青葉にて今期の春合戦リーグもも折り返し地点の第3節が始まりました。

各選手が最終節を前にどのようにして戦うのか?注目が集まります。

1回戦
大屋克巳さん、越中忠雄さん、DESHIさん

東1局
親で私が発ポンのドラ×2
2-5の聴牌を大屋さんからアガリます。
しかし、越中さんの200-4000や大屋さんの12000等で反撃されます。

南場に入り越中さんが一歩リードで迎えた
南2局親番の大屋さんが越中さんから
12000をアガリ切りると
オーラスには大屋さんの得意な逃げ切りの形を作られてしまいました。

見事大屋さんが大逆転トップを飾りました

2回戦
柴田秀昭さん、440さん、エドモンさん

東一局
西家の私がリーチツモ七対子をアガリます。

東2局
440さんの2000-4000 ツモアガリ
このまま、440さん主導でゲームが進みますがオーラストップ目で親の440さんと3500点ほどの差で迎えた2着目
私が14巡目に以下の聴牌を入れ、勝負に出てきた440さんから四が出て逆転トップを取ることができました。

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ロン関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ドラ関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

3回戦
欅さん、平井佑典さん、倉本信平さん

この半荘は、手があまり入ることがなく平井さんの白中ホンイツドラ2とリーチ平和、1通ドラ2

倉本さんのリーチツモタンヤオ三色、一盃口
とハネマンばかりが出る超乱打戦になりました。

私もなんとか、間に入り込もうとチャンスを伺いますがリードしている2人の巧みなゲーム回しにより、なかなかチャンスが回って来ませんでした。
オーラスでは、流局間際にトップの平井さんと着順勝負の倉本さんの力強い発声が響きます

ツモ『3000-6000』

開かれた手牌は以下の形

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ツモ関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

ツモ門前ホンイツ一通ドラ1
渾身のハネマンツモで見事倉本さんが逆転でトップを飾ります。

ここで最終戦を前にして、
3回戦終了時のスコアは以下のようになりました

3位:丹羽和徳さん+106.5
2位:夢野さくらプロ+107.1
1位:倉本信平さん+114.9P

となりました。

上位3名に加えて
4位山本聡プロ+99.5
5位原田雅彦さん+99.0
6位白石卓嗣プロ+93.1

と1位6位まで20P弱の差となる大混戦になりました。

いよいよ、最終戦
誰の手に当日優勝が渡るのか?非常に楽しみですね

4回戦
平野まり子さん、原田雅彦さん、西澤秀幸さん

この半荘を通して平野さんの緩急ある攻めと、原田さんのリーチ攻撃に対して西澤さんと私が苦戦する展開になり、私は原田さんのリーチに放銃したリーチドラ2の5200でラスに落ちてしまいました。
オーラスは平野さんと原田さんの着順勝負は早い4巡目の平野さんのリーチに一発で原田さんが西を放銃してしまい平野さんに軍配が上がりました。

さて、大混戦の結果プロアマ春合戦第3節の当日表彰は、以下のように発表されました。

女性トップ賞は、青地暁子さん
当日3位入賞、原田雅彦さん
当日2位入賞、倉本信平さん
当日優勝は、夢野さくらプロ

に決定しました。

各賞を受賞された皆様本当におめでとうございます。
現在の総合首位は第1節優勝の斎藤プロ

そこへ第3節優勝の夢野プロ、まもさん
白石プロ、山本プロ、吉田雄二さんと強豪選手やMCWWプロが並びます。

来月はいよいよプロアマ春合戦最終節を7月22日に開催致します。
現在の成績に関わらず、最後まで当日優勝が狙えるチャンスがありますので、楽しんでプロアマ春合戦にご参加下さい。

終了後は懇親会も予定されておりますので
皆さんのご参加MCWWプロ一同心からお待ちしております。

2018年7月8日
執筆者:下野雄次プロ

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2017年度】Winner’s Cup
【2016年度】Winner’s Cup
【2015年度】Winner’s Cup
more...