麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【2018年度】プロアマ春合戦【最終節】

calendar

reload

【2018年度】プロアマ春合戦【最終節】

成績

大会模様

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

レポート

麻雀共同体WWのプロアマ麻雀バトル「プロアマ春合戦」は4月~7月の4節に渡り開催されました。
プロアマ春合戦最終節。成績順による上位卓は以下の4名からのスタートとなりました。

斉藤陽介プロ 250.9
夢野さくらプロ231.9
まもさん231.1
白石卓嗣プロ191.4

斉藤プロ、夢野プロ、白石プロ、山本プロと麻雀共同体WWプロ選手が上位を台頭する中、一般的参加のまもさんが1人奮闘中といった展開となりました。

【1回戦】
1回戦はまずは首位の斉藤プロを沈めたいと思う三者の思惑が交錯します。その先導をつとめたのが夢野さくらプロ。
東2局は夢野プロが的確な牌選択かは、七対子のドラ西単騎で白石プロから6400点。その後も夢野プロの畳み掛けるようなリーチに、かわし手で勝負したまもさんが8000を打ち込みます。

四五六(2346788)234ドラ(5)ロン(5)

以前の夢野プロは手数も多いが振込も多い斑気の多い麻雀が目立ちましたが、最近はその姿勢を改めて、プロアマやGPCで連続入賞を果たすなど、目覚しい結果も残しています。
この1回戦も、軽く仕掛けることなく面前を主体に手が高くなるまで我慢を重ね、相手に反撃の隙を与えません。
相手の攻撃に対しても徹底した守備牌を打って、まずは斉藤プロをラスに陥落させる事に成功いたしました。

【2回戦】
2回戦は3着の白石プロが下位卓に落ちて、ステルスマシーンの山本聡プロが上位卓にあがってきました。
2回戦は調子が悪いと感じた斉藤プロが、電光石火の愛称に相応しくどんどん仕掛けを入れます。しかし、これも空振りばかりで今ひとつ噛み合いません。
東4局の親番でも斉藤プロがオタ風の西、一万をポンして大物手を匂わせますが、

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ポン関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ポン関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ロン関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

まで仕掛けて、3900をアガった斉藤プロからあまり勢いがないように感じました。
オーラスは斉藤プロがラス、まもさんがトップで迎えた状況で、夢野プロが得意の豪配牌で2巡目リーチをかけました。

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

これに対して2着目ながら、まだバラバラの山本プロには五万と八万が1枚ずつ浮いていました。これで万事休すかと思われましたが、白をポンしたまもさんに対して、もう一枚のキー牌をチーさせると、これで夢野プロのアガリ牌を自分に食い流します。
これで夢野プロの待ちは5-8万と見切りをつけた山本プロが最終形をこの形に繋げてツモ!

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ツモ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

山本プロらしい引き締まった麻雀で次に繋がる2着を確保いたしました。

【3回戦】
3回戦の上位卓はまもさん、夢野さくらプロ、山本聡プロ、白石卓嗣プロが進出いたしました。
1回戦はかなり落ち着いたいい麻雀を打っていた夢野プロに、東4局チャンス手が訪れました。3巡目でこの形。

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

6巡目に更にカン8ピンを引き入れ、夢野プロが間髪入れずに八万切りリーチ!
しかし、このリーチは2-5ソウが1枚ずつ飛びで、実質は残り枚数ではカンチャンテンパイとさほど変わりありません。ならば、ここは仮テンか、あるいは(9)ピン切りのテンパイ取らずの選択もありかなと、筆者は感じました。

結果論で言えば、すぐに(4)ピンを引いたので満貫ツモやハネ満ツモの未来がありました。
最終は勝負に来た白石プロから2ソウをあがって3900をあがり切りますが、夢野プロはこの得点不足が祟って最後の悲劇が待ちかまえておりました。

南1局まで点数は拮抗し、互いにチャンス手を潰しあいます。南2局に山本プロが2600オールをツモり、1歩リードします。その1本場に今度は白石プロがリーチに来ますが、おりたくはない夢野プロがワンチャンスを頼りに1ソウを切ると、これが白石プロのシャンポン待ちに打ち込み、オーラス直前にラスに落ちてしまいました。

時間切れを迎えたオーラス。夢野プロは渾身のラス回避リーチを打ちますが、ダマに構えていた白石プロが弩級の6000オールを決めると、

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ツモ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

一気に逆転トップを果たし、夢野プロはここで惜しくも下位卓陥落という結果となりました。

【決勝卓】
MCWWプロアマ春合最終節の決勝卓は、まもさん、山本聡プロ、白石卓嗣プロ、原田雅彦さんが進出しました。
ここまで1位卓の座を守り続けたのはまもさんのみ。レポートには特筆しませんでしたが、随所の粘りや凌ぎはプロも舌を巻くほど。
その我慢が効いて東場はまもさんに有利に働きます。

まず山本プロが混一色でテンパイ

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ポン関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

これに追いついたのがまもさんのリーチ

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

原田さんも以下の形で追いかけます!

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

しかし、原田さんのリーチはさすがに苦しいか、すぐに(6)ピンを掴んでしまいます。
続いてもまもさんが早い!7巡目でこのリーチ!

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

これも、終盤に形式聴牌を狙った山本プロから中筋の4ソウが出てロン!さらに東4局でも1300-2600をツモりあげて、いよいよ優勝に王手をかけました。
しかし、ここで終わらせないのが山本聡プロ。南場で最後の反撃に転じます。まずはまもさんの親の1本場で2000-4000!
親番では以下の手をノンミスで仕上げて3200オール!

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ツモ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

やはりただでは終わらせない決勝卓!山本プロが更にもう1度4000オールを決めれば、トップのまもさんに肉薄するところまで迫りました!
しかし1本場は親番を控えた原田雅彦さんが1300点をアガりかわされます。代わりに親番を迎えた原田さんにチャンス手が入りました。

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

原田さんは暫定4位で首位のまもさんとは点数差がありますが、これをまもさんから直取りできれば、原田さんにも逆転のチャンスがあります。
しかし、先に山本プロからアガリ牌の六万が出て12000点のロン!原田さんは更に2600オールを加点して、ついに時間切れのオーラスを迎えました。
原田さんの優勝条件は8000オール!最後は果敢にツモり三暗刻をリーチするも、これはアガリに届かず、MCWWプロを制してまもさんがプロアマ春合戦優勝を果たしました!

総評として、まもさんには全体を通して大崩れしないような粘りの姿勢が常にありました。それがこの厳しい対局を制した大きな理由になったのだと感じます。
これからも粘り強く対局に挑むまもさんのご活躍を応援いたしております!プロアマ春合戦優勝、本当におめでとうございました!

2018年8月20日
執筆者:近野理智男プロ

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2017年度】Winner’s Cup
【2016年度】Winner’s Cup
【2015年度】Winner’s Cup
more...