麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【2019年度】プロアマ春合戦【第1節】

calendar

reload

【2019年度】プロアマ春合戦【第1節】

成績

大会模様

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
第1節 女性賞に輝いた青地暁子さん
関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

レポート

4月28日(日)は肥後橋駅ブッキング青葉にて、MCWWのプロアマ麻雀バトル「プロアマ春合戦」が開幕しました。

参加選手は嬉しい事に52名の満卓となり、会場には対局者の熱気がこもりました。開幕ではMCWW代表、板川和俊プロよりご挨拶を頂きました。

過去、プロアマバトルを春秋連覇した事がある選手をご存知でしょうか?その選手の名は押谷勇輝さん。雀風は名前の通り押せ押せの攻撃型で、あがり出すと止まらない典型的なアタッカータイプです。

この日は1回戦に押谷さんと当たったのが弥生プロ。ドラが九万で親の押谷さんが早い段階で五万きり。他からリーチが入り、シャンテンの弥生プロが発と八万。2枚の現物をどちらから先に切るか悩みました。

「親の押谷さんの捨て牌に五萬。後の安全のことまで考慮すると、発は持っておくべきか」

ここは悩みつつもトップ目と保身の八万を切ると、やはり押谷さんがこれをチー。そして三色ドラ1であがりきってしまいます。結果、これが響いて押谷さんトップで二着落ち。

「今日の押谷さんは勢いづくに違いない。」

弥生プロの予感は的中し、2回戦も押せ押せのトップ!
3回戦も7巡目面混リーチの四面張の待ちを1発で自摸って倍満をあがりました!

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
一発ツモ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 裏ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

迎えた4回戦。押谷さんの節優勝にまったをかけたのが吉田雄二さんとRVGさんでしたが、蓋を開けてみれば押谷さんが四連勝で、ぶっちぎりの節優勝を果たしました。

3位入賞の吉田雄二さん、2位入賞のRVGさんも口を揃えて一言、

「おっしーに負けました!」

とはいえ春合戦はまだ始まったばかりです。2節も節優勝、総合優勝のダブルの表彰を目指して、押谷さんを追いかけましょう!

2019年5月9日
執筆者:近野理智男プロ

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2019年度】Winner’s Cup
【2018年度】Winner’s Cup
【2017年度】Winner’s Cup
more...