麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【第11回】プロとして気をつけている麻雀のマナーはなんですか?

calendar

reload

【第11回】プロとして気をつけている麻雀のマナーはなんですか?

 高根昭裕プロ

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】牌山からツモる際、発生があるかどうかの一呼吸を入れて手を伸ばすようにしています。
チーをする場合も、ポンの発声より先にならないように一呼吸置いています。

近野理智男プロ

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

プロとしてマナーを大事にしている事はプレイヤーとの距離感についてですね。
基本的なマナーやルールを守る事はもちろんですが、例えば女性の方なら手が届きやすいように、いつもよりツモ山を前に出したり、ルールに不慣れな方にはあえて進行のフォローを入れたり、誰が入っても進行がスムーズに進むように心がけています。

齋藤陽介プロ

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

点棒の受け渡しがスムーズになるように、他の2人が払った点数を確認して支払いすることです。
開局300-500をちょうど支払っているのを見てから、1000点で支払って700点おつりを貰うといった具合です。

弥生プロ

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

ドSになりすぎないことです。

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2017年度】Winner’s Cup
【2016年度】Winner’s Cup
【2015年度】Winner’s Cup
more...