麻雀共同体WW(ダブル)

【2016年度】前期プロリーグ【第4節】

time 2016/08/23

【2016年度】前期プロリーグ【第4節】

レポート

1ケ月のクールタイムを置いて迎えた第4節
今日の結果次第で上位5名下位5名が決まる大事な試合
今回のレポートは、下野雄次が担当させていただきます。

【1回戦】坂本プロ、酒井プロ、加藤プロ

酒井プロとは、今節初対局という事で楽しみにしていました。
東1局から2000-4000をツモアガリするも酒井プロの1300-2600等で素点を削り、加藤プロに①でリーチメンホンドラ2の12000を放銃し自業自得の3着スタート。

【2回戦】板川プロ、坂本プロ、加藤プロ

東1局で板川プロのピンズホンイツ模様の仕掛けに高目断幺九ドラ1の6-9s待ちでリーチ。高目の6sをツモり2000-4000。その後、親で1300オール等を加点し、50000点付近まで点棒を叩き、無事にトップを取ることが出来ました。

【3回戦】板川プロ、酒井プロ、加藤プロ

手牌が思うように伸びず我慢の展開が続きます。
自分の手牌が戦える形になった頃には相手から先制攻撃が入り、思うように押し返せません。
結局、押し返すことが出来ずに4着に。ポイントライバルの酒井プロにトップを取られ苦しくなりました。

【4回戦】板川プロ、酒井プロ、坂本プロ

この最終戦でこちらの卓の上位が決まります。ライバルは、坂本プロ。
3回戦までのポイント差は28.3ポイントで私がリードしている状況でラス親を引きました。
東1局に酒井プロが八ポンからのトイトイ三暗刻中ドラ3。8000オールを決め一撃で突き抜けます。

次局以降は坂本プロとのにらみ合いで、ノーテン罰符のやり取りで長丁場になります。
ここで酒井プロが痺れを切らしたのか、前に出る局面が増えてきます。
親の坂本プロが酒井プロから断幺九ドラ3を打ち取り一気に詰め寄ります。

わたしも現状ラス目だった南3局2本場。
配牌には見る影もなかったのですが、5連続有効牌を引きなんとメンホンチートイを聴牌。

1枚切れの發でリーチを打つと一発で酒井プロから出て、裏が乗って16000は、16600を直撃。迎えたオーラスの親番でしたが、板川プロにあっさり、500-1000をあがられて3着になってしまいました。

別卓では、山本プロが猛追撃し、上位卓に進出しました。
半年前は、2度の役満に見舞われ今回こそはと思い挑戦しましたが、上位卓に残ることが出来ませんでした。
次回は最終節、一つでも上の着順を目指して精一杯打ちたいと思います。

執筆者:下野雄次
2016年08月23日

成績

成績表が表示されない方はこちら

PDFによる全体成績をダウンロードする

down

コメントする




Winner's Cup(ウィナーズカップ)

プレミアムバトル

麻雀共同体WW 事務局

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
事務局長
近野理智男(ちかのりちお)

住所
〒570-0021
大阪府守口市八雲東町2-65-11

電話番号
090-2199-2046

何かございましたら、お気兼ねなくご連絡ください。
関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

カレンダー

Maru-Jan

ad-marujan
麻雀共同体WWのプロが参戦中!

その他おすすめリンク

事務局長のちゃんと聞こえるつぶやき