麻雀共同体WW(ダブル)

【2017年度】前期プロリーグ【第2節】

time 2017/05/08

【2017年度】前期プロリーグ【第2節】

成績

 レポート

第2節のレポートを担当させていただきます下野雄次です。宜しくお願い致します。

第1節が終わり、大きくプラスを重ねた山本プロ、岸野プロ、板川プロの3名は、スコアをさらに伸ばしにくるでしょう。そこに他の選手がどのように割って入っていくのか注目です。

さて、今回の私の対局相手は山本プロ、中田プロ、清原プロ、坂本プロです。

【1回戦】坂本プロ、清原プロ、中田プロ、山本プロ

東場から山本プロが安定の立ち回りを見せ、まずはトップ目に立ちました。
前半戦を折り返した南1局、ここまで我慢していた清原プロからリーチが入り、勝負どころと踏んだ山本プロが清原プロのリーチ平和ドラ2に放銃。

迎えたオーラスでは、ラス目の中田プロに以下のテンパイが入る。
平和のみの手ではリーチを打たず、ダマで2巡後、四萬を引き入れ、以下の手でリーチ。

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

親の山本プロが押し返すも高目の九が中田プロに捕まり、ラスを押し付けられることになりました。
これにより中田プロが2着に浮上、清原プロがトップで終了しました。

【2回戦】清原プロ、中田プロ、山本プロ、下野プロ

中田プロが点棒を重ねて単独トップを走ると、必然的に他の三者が順位を競う状況に追い込まれました。

オーラス、現状私が2着目での親番で何とか聴牌で連荘します。
続く1本場では私が白、9ピン、2ピンをポンと仕掛けた後、山本プロからリーチが入りました。
ツモってきた牌は4ソウ。危険な牌だとは感じつつも、ここまで仕掛けた以上は後には引けない。
結果、山本プロに一発で満貫の放銃となり、ラスを引く結果となりました。

【3回戦】中田プロ、坂本プロ、山本プロ、下野プロ

東4局に坂本プロの親リーチに対して、中田プロの追っ掛けリーチが入りました。
安牌切れにとなった私が、ツモって重なったばかりの東をトイツで落とすも、これが坂本プロにロン。
坂本プロに4800の放銃となりました。
この和了により、今まで我慢を強いられていた坂本プロが勢いづき、点棒を70000点近くたたき出し、この日はじめてのトップを収めることになりました。

【4回戦】坂本プロ、清原プロ、山本プロ、下野プロ

南2局、私の親番。今までの失った点棒を少しでも取り返すべく、以下の形でリーチを打ちました。

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

1ソウは2枚、9ソウも2枚捨てられており、ソウズの一気通貫を諦め、タンヤオピンフに焦点を当てた手作りの結果の形だったが、あえなく流局。
とはいえ、まだ親番は続く。まだチャンスはあると気を引き締めるものの、山本プロが満貫をツモ。
3回戦目で大きなラスを引いた山本プロでしたが、この局を皮切りにあがり続け、3回戦目のラスをなかったかのような大きなトップで終了しました。

【5回戦】坂本プロ、清原プロ、中田プロ、下野プロ

中田プロが東場から細かいあがりを的確に重ね続け、南場に入ってさらに加速した中田プロの攻撃に、三者は手も足も出ない状態となりました。
WW Kingを二期連覇したその実力をいかんなく発揮した結果となり、中田プロはこの日、全てプラスで終了し、総合暫定1位の座につきました。

第2節の結果としては、
全てプラスで収めた中田プロが+150ポイント。
別卓では、高根プロが+80ポイント、加藤プロが+120ポイントと、前回の順位をがらりと変える展開となりました。

最終節まであと3節。まだまだこの先どうなるかわからない状況です。
今回の結果により、苦しくもマイナスを押し付けられた私や他の選手たちが、上位陣営をどのように追い込む打ちまわしを見せるのか、次節のプロリーグにご期待ください!

2017年05月15日
執筆者:下野雄次

 

Winner's Cup(ウィナーズカップ)

プレミアムバトル

麻雀共同体WW 事務局

関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
事務局長
近野理智男(ちかのりちお)

住所
〒560-0033
大阪府豊中市蛍池中町2-3-1
ルシオーレB棟106号
『豊中の健康マージャン』宛

電話番号
090-2199-2046

何かございましたら、お気兼ねなくご連絡ください。
関西・大阪に本部を置く唯一の競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

カレンダー

Maru-Jan

ad-marujan
麻雀共同体WWのプロが参戦中!

その他おすすめリンク

事務局長のちゃんと聞こえるつぶやき