麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【2017年度】前期プロリーグ【第3節】

calendar

reload

【2017年度】前期プロリーグ【第3節】

成績

 レポート

第三節のレポートを担当しました岸野功武です。よろしくお願いします。
全五節の中でちょうど中間となる第三節では各々が自分のポイントを今までより意識した戦いになることが予想できます。

またこの日はヴェストワンカップの決勝戦に板川代表が勝ち残ったため、2卓は4名での戦いとなりました。

今回私は1卓で、加藤プロ、弥生プロ、坂本プロ、清原プロとの組み合わせとなりました。(以下敬称略)

1回戦 弥生、坂本、清原、岸野
坂本が終始リードしたまま、南場の親でさらに加点し大トップで終了。

2回戦 弥生、坂本、加藤、岸野
序盤から小場での展開の中、弥生が坂本から8000の上がりをしトップ目へ。
しかしオーラス、親の加藤が坂本から小三元で12000をあがりトップで終了。

3回戦 坂本、加藤、清原、岸野
開局そうそうに岸野が一発ツモで4000オールを決め、その後も細かく加点しつつトップ目でオーラスへ。

しかしオーラスに坂本が粘り一時は100点差岸野を交わすも最後は清原のツモあがりによる親被りで岸野がトップで終了。

4回戦 弥生、加藤、清原、岸野
東場で岸野が三色の跳満を決めトップ目を保ったまま南3局。
清原のリーチに親の弥生が放銃。
開かれた手はツモり四暗刻で12000。

オーラスは岸野と清原のあがり競争となり、タンヤオ仕掛けで2フーロの岸野、ソーズ仕掛けで2フーロの清原のめくり合いかと思いきや今度は弥生がダマのメンホンで12000を岸野から出あがり、弥生は2着、清原はトップで終了。

2卓では齊藤が、3卓では有田が大きくポイント伸ばしたが、まだまだ全体的にポイント差は大きくなく、次回の第四節では今回以上にポイントを意識し合った戦いになるでしょう。

2017年06月13日
執筆者:岸野功武

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2017年度】Winner’s Cup
【2016年度】Winner’s Cup
【2015年度】Winner’s Cup
more...

folder プレミアムバトル

【2017年度】プレミアムバトル
more...