麻雀共同体WW(ダブル)

関西・大阪中心の競技麻雀のプロ団体

【2019年度】前期プロリーグ【第4節】

calendar

reload

【2019年度】前期プロリーグ【第4節】

成績

Aリーグ

Bリーグ

レポート

今回は私、夢野がレポートを担当させていただきます。

前期プロリーグも第4節を迎え、今節の組み合わせは、清原(2)、夢野(4)、齊藤(6)、板川(8)の対局となった。
(数字はリーグ戦開始時の順位)

【1回戦】

東3局 親番
関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

高めタンヤオ、ピンフ、一盃口でリーチ。
進んで板川からリーチがかかるも、直後に六萬をツモり、6000オールの上がり。

南3局5本場 親番¥
関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

高め三色同順のリーチ。しかし、斎藤より追いかけリーチがかかる。
直後、他家の鳴きが入った後に夢野が放銃し、1300は2800。

滑り出しは好調だったものの、削りに削られ、オーラスでは板川が満貫をつもあがり、1回戦は終了。ラスは逃れたものの3着という苦い結果に終わった。

【2回戦】

東2局では板川の先制リーチに対して、斎藤が放銃。リーチ、ドラ3の8000点。
続く東3局でも板川が親番でダブルリーチ
北をツモって、ダブルリーチ、ツモ、七対子、ドラ2は6000オールを上がり、板川にとって大きなリードとなる。

南3局
夢野が南をポン。その後、板川からリーチがかかり、少し迂回しながら手を組みなおしてテンパイを取る。

結果、板川からあがり牌を打ち取り、夢野のロンあがり。南ドラ1の軽い手だったが、リーチを蹴ったことが大きい。

南4局では早い段階で平和のテンパイを入れ、清原から打ち取り2着終了。

【3回戦】

東1局1本場
ツモり三暗刻の聴牌でリーチをかけ、ツモ上がる。

関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】
ドラ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】 ツモ関西・大阪に本部を置く競技麻雀のプロ団体【麻雀共同体WW(ダブル)】

リーチ、ツモ、三暗刻、中、ドラ1で3000・6000は3100・6100

その後はしばらく小康状態で進み、迎えたオーラス1本場。
清原が1300・2600は1400・2700をツモ上がり2着に浮上する粘りを見せ、自身はトップで半荘を終えるものの、4節目開始時の2位の座につけている清原のポイントを削れず、苦しい状況は続く。

 

【4回戦】

斎藤が先行し、清原が追いかける展開に。
南場に入り親番を含め、攻める場面もあったが実らず、ラスを押し付けられる結果となった。

 

今節のテーマとして誰しもが『加点をして清原との点差を詰める』という目標があったかと思う。その最低限の目標は達成できたものの、私自身の加点にはならない悔いの残る節であった。

最終節はWW king決定戦の進出枠争いはもちろんのこと、今期より降級をめぐる争いも加わった。第4節終了時、私は決定戦進出が狙えるポジションに着いている。もちろん他のプロたちもこのまま黙って見ているだけではないだろう。最後まで気を抜かず、最終節を戦い抜いていきたい。

2019年8月7日
執筆者:夢野さくらプロ

folder Winner's Cup(ウィナーズカップ)

【2019年度】Winner’s Cup
【2018年度】Winner’s Cup
【2017年度】Winner’s Cup
more...